夜行バスの予約の取り方は?

予約が必要な夜行バス

近距離や中距離の夜行バスの中には当日その場で乗車できる便もありますが、長距離の夜行バスになると事前予約が必要になります。長距離の夜行バスの場合は最初からそれぞれの座席が指定されている座席指定制が採用されているため、あらかじめ予約をして自分の座席を確保しておかないと乗ることができないのです。近距離や中距離の夜行バスの場合は空きがあればすぐに乗ることができますが、定員がいっぱいだった場合は次の便まで待たないといけないため、心配なようであれば事前予約をして座席を確保しておきましょう。座席指定制の長距離バスの中には、当日に空きがあっても予約なしでは乗車が認められない場合があります。そのため、事前予約を忘れずに行うことが大事です。

都合に合わせて選べる予約方法

夜行バスの予約方法には様々なものがあるため、自分の都合に合わせて選ぶことができて便利です。ネット予約であれば、パソコンやスマホから簡単に予約をすることができます。予約サイトによって異なりますが、支払いについては、乗車する当日に窓口で支払うかコンビニ決済が利用できます。その他、クレジットカードが利用できる場合もあります。窓口で支払うと、料金と引き換えにチケットが渡されます。コンビニの場合は、専用の端末を使ってレシートを発行してそこに記載された料金をレジで支払うという仕組みです。コンビニの印刷機から発券されるため、乗車する時まで大事に保管してきましょう。また、夜行バスの窓口に出向いて購入するという方法もあります。バス会社によって異なりますが、多くの場合は一ヶ月前から予約ができるようになっています。良い座席から埋まっていくため、早めの予約がおすすめです。